闇金対策

闇金対策はこれが基本であり最良です

闇金の対策なんてのは簡単なことです。
闇金融に借金申し込みしなけりゃ、しつこいぐらいに付きまとわれることにならず。
例外として、知人や家族がヤミ金使ったおかげで電話されることもありますが。
そんな場合は無視ということでよろしいでしょう。

 

キャッシングサイト漏れた蛇口のごとく時ジャブジャブ借りれる金融会社を知りたい人はこちら
↓↓↓↓
ソフトに借りる闇金トップ闇金融(ヤミ金)でソフトにお金を借りるNET

一度のヤミ金との縁がなかなか断ち切れないことも

闇金への対策。
そりゃ簡単な話です。
ヤミ金融から借金しなければいいだけの話です。

 

関わりなければ向こうから寄ってこられる、ということにはなりにくいわけですし。
いちいち通販とかのDMみたいに名簿から無作為に選び出した相手に連絡をして、
なんて手間も掛けることはありません。

 

大抵は闇金から闇金へ名簿情報が伝って、それで誘いの電話が掛かってきたり、
なんていったことではあるでしょう。

 

振り込み詐欺にあった人が、いろいろな詐欺にタカられて、
なんていうのと似たようなもんです。

 

関わり持ったばかりにそのようなことになっているわけです。
そうなる機会をわざわざ自らが作った、ということではあったりするかと思います。

闇金融から借りてないけど電話きた!どうすりゃいい?

家族や知人から情報が漏れてヤミ金にタカられるという場合。
これは前もって対策を取る、ということも難しいことではあるでしょう。

 

いくら自分自身が気をつけていても、まわりの人間がヤミ金利用したことで起こっているわけですから。

 

見知らぬ闇金業者から身に覚えのない請求をされた。
もちろんそれに応じる必要などあるわけがないです。

 

お金借りてないのに何で払わなければいけないの、といったわけで。

 

軽いものであればそのままスルーといった具合で構わないかと思います。
無視するぐらいでは治まらないほどしつこいものであるのならば、
警察に相談するといったことでよろしいでしょう。

闇金業者からキャッシングしてしまった

ヤミ金から、実際にお金を借りてしまった場合。

 

対策事例業者と和解交渉する
まず電話での交渉になるが、
既に重度の多重債務者であり、返済の遅れが数社あること。
このままではどうしようもないので、警察(もしくは弁護士)に相談する意思があること。
違法な金利を承知で借り、返せなくなったら法律を盾に被害届を出すというのは筋が違うのは重々承知だが、もうどうしようもない
業者を説得して、借金総額や金利を減額、もしくはチャラにしてもらう。

 

対策事例警察に被害届をだし、一切の支払いを拒否する
勤務先や自宅、関係者への嫌がらせリスクがない場合は、そもそも違法な金利の借金は元本含め返済義務はない法律の元、警察に被害届を出して一切の拒否をする。